春満開


トップへ  
鉄道のある風景へ



 
 
 
我が家の近所の桜は見ごろを過ぎてしまいましたが、Greifbare Eisenbahn沿線ではまだまだ満開の桜を
 楽しむことができます。
 画像の周辺は桜を絡めて列車を撮影できる有名ポイント。
 茶色の旧型電機がのんびりとやってきました。
 


     

     

     
     
     


 今回のジオラマの主役となったのは桜の花に見立てた大量のピンクの花パーツ。

   

 これは何年か前にレゴランド訪問の際パーツ詰めコーナーにて詰めてきたパーツです。
 当時桜の花を作るつもりだったのが4個セットになった花を分けるのが面倒でそのままその存在を
 忘れていたのです。
 今年「実物」の桜を見に行った際にふと思い出し、製作に取り掛かった次第。
 桜の出来栄えはこんもり感は出せたものの、サイズが小ぶりになってしまった点と、殆どの花が
 上向きとなっているため実物の桜とは趣が少々異なってしまった点が反省点。
 
 桜の木の製作で気力を使ってしまったため、ジオラマ全体としては最低限の表現にとどまっています。
 今度はもう少し大きな木にしよう。



 


トップへ  
鉄道のある風景へ





inserted by FC2 system